伝統の技 職人の粋 和菓子道117年の店 さつだや へようこそ

さつだや トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着日記お問い合わせカートの中
商品カテゴリ
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
新着日記
2010/7/23
大暑


青すぎる午後の空に
圧迫感さえ感じる暑さの続く大田市です。


学校関係が夏休みに入っているからでしょうか
週末に県外のナンバーをつけた車が多くなってきました。

長く日本海に面した大田市には沢山の海水浴スポットがあります。

みなさん、事故には充分にお気をつけて
楽しい思い出を作って下さい。





2010/7/20
夏休み


融ける様な暑さの続く大田市です。

梅雨明けからの日々の最高気温が33度から34度代と
普通に生活していても熱中症が心配されます。

「暑いですねぇ」というフレーズが
朝の挨拶の中に入るようになりました。

学校も夏休みに入りますね。

小学生の頃、夏休みの最初の辺りは
永遠に夏が続いて休みが続くような気がしていました。。

海に入ったり、自転車に乗ったり
ラジオ体操に、花火に、スイカに、盆踊り。


我に返るのは8月の28、29日ごろ。


溜まった宿題を前に昨日までの自分の愚かさにうんざりしたものです。


懐かしい思い出です。









2010/7/17
梅雨明け


今年はあっさりと梅雨が明けてしまった大田市です。

昨年のぐずぐずと明けきらなかった長梅雨の汚名返上といったところでしょうか。



真夏の太陽を反すお月様の明るさが
明日の暑さを予感させます。





2010/7/12
終盤戦


梅雨も終盤が近づいているかのような
絶え間ない雨降り模様の大田市です。


傘も役に立たないくらいの土砂降りと雷の二重奏が始まるといよいよ梅雨明け間近です。






2010/7/7
七夕


七夕の日を晴れの空で迎えた大田市です。

笹かざりの短冊に願い事を書くという慣わしは
いつ頃から始まったんでしょう。

子供の頃は結構、本気で書いたものでした。

今、その短冊がどこかから出てきたりしたら
かなり恥ずかしいかも知れません。



先日見た、どこかの子供さんの書いた短冊。

「ももがたべたい」

「じゆうになりたい」

「ママちいさくなって」



叶いますように。


2010/7/2
まだまだ降ります。


しばらく青空を見てない感のする大田市です。


梅雨に入ってしばらくは遠慮がちに降っていた雨も
ついに本領発揮とばかりに降り続けています。

今、工場で今年初めてのわらび餅が作られています。

芳醇な香りと深いコクを持つ黒寿(くろす)きなこがたっぷりかかった
わらび餅。

この時期にしか店頭にならびません。



工場長、つめたいお茶の用意はできています。




新着日記
2010/8/30
酷暑


押しつぶされそうな暑さが続く大田市です。


一昨日の最高気温が37.2度で
昨日が37.5度。

この夏は過去の最高気温のベスト10の順位がかなり入れ替わっています。

1位は1994年8月11日の37.9度と変わらずですが

昨日の37.5度は
1994年8月13日と2位タイとなりました。

3位は今年の8月5日の37.3度
1994年の8月10日と8月12日と並びます。

その次は一昨日の37.2度。


とにかく暑いです。


夕立が日中の熱を洗い流してくれると少し楽になります。
 


2010/8/25
夏が続いています


朝に夕に赤とんぼが飛び始めた大田市です。


まだまだ真夏の暑さなんですけど
この赤とんぼの姿を目にすると
夏が終わりに近づいている事を感じます。








2010/8/20
残暑


お盆を過ぎても一向に暑さが衰えを見せない大田市です。


日中の暑さは変わらなくとも
この時期、夕方になると少しだけほっとするのは
日の暮れる時刻が真夏の頃より
早まってきているせいかもしれません。



夕方、耳にする風鈴の音色にも
違った風情を感じます。



2010/8/13
お盆


人口密度がギュッと急上昇しています大田市です。

昨日は台風4号が連れてきてくれた雨雲のおかげで
久しぶりにまとまった雨となりました。

気温が高いとの予報が出ていても
厚い雲で痛いまでの日差しが遮られている分は
外に出ていても辛くないです。


お盆のお墓参りはいつも汗だくで
今年は例年以上と考えていましたが

「涼しくしといたよ。今のうちに来なさいよ。」

と、数十年前に亡くなった祖父母があちらでにっこり微笑んでいるような気がしました。


どんなに暑くても忙しくてもヘトヘトでも
必ず行きます。

行って
掃除をして
花を挿して
線香を立てて
手を合わせる。



もう、たったそれだけの事しか
してあげられないのですから。








2010/8/7
夏のお菓子


日差しの強さに痛みさえ感じられるほどの暑さが続く大田市です。


連日の猛暑の中でのお菓子作りも
なかなか厳しい日々が続いています。

和菓子は日本古来の伝統の技により作られています。

その伝統の技が編み出された時代には
エアコンなどという文明の利器は存在しなかったわけでして・・・。


さつだやの工場長はそういった先人の知恵や技、伝統を
非常に重んじるタイプの職人なので
作るお菓子によっては工場のエアコンを無情にも切ってしまいます。


「エアコンがあるとお菓子の仕上がりの判断を間違える」

「涼しいところで作ったお菓子は
 一たび外に出されると失敗作にしか見えない代物になる」


お客様が持って帰られる道中の暑さもお菓子を作るうえで
重要なファクターのひとつなんだそうです。


暑い夏も
寒い冬も

間違いの無い「おいしい」をお届けするために。








2010/8/4
猛暑日


外に出ると息苦しささえ感じられる暑さの大田市です。

今日の日中の最高気温は36.9度。
ちょっと度を越えた暑さです。

ちなみに、大田市で過去に観測された気温の最高値は
1994年8月11日の37.9度だそうです。

16年前の夏
どんな感じでしたっけ・・・・。

暑かったはずなんでしょうけど
忘れてしまうものですね。



新着日記
2010/9/29
家庭菜園


いよいよ秋めいてきました大田市です。

朝方が随分涼しくなりました。


続く暑さで躊躇していた秋植えの野菜の準備中です。


ネコの額がまた賑やかになります。




2010/9/23
秋分の日


朝からあいにくの雨の大田市です。

あっという間に涼しくなりました。
今日は日中でも25度を越えない見込みのようです。

暑さは本当にお彼岸まで・・・のようです。


2010/9/16
秋よ来い


日中の最高気温が30度を下回り始めた大田市です。

暑すぎる夏をすごしてきたせいか
30度を超えないと少しだけ
「涼しい」と感じられます。

夕焼けも穏やかな風情を漂わせます。


今年は過ぎ行く夏に「惜しさ」を感じません。








2010/9/11
秋の空


まだまだ暑い大田市です。

昨日の最高気温は31.9度。
今日はそれを越える勢いです。

帰り道、ともに歩く自分の影が随分長くなってきていることにふと気づき
少しばかり秋の気配を感じます。

朝夕の風が涼しくなってまいりました。


うんざりするほどの暑さも終わりが近いようです。





2010/9/4
未知の暑さ


あまりの暑さに秋が遠く感じられる大田市です。

秋に向けてのお菓子の準備に取り掛かれなくて
工場長が弱っています。

仕込みに取り掛かりたくても
これだけ気温が高いと
傷みが出ないように作ることに重きをおいてしまい
「おいしい」が後手にまわってしまう事を懸念しての事です。

「ここまでの暑さは未知」
だそうです。

気象観測が始まって以来
113年間で1番暑いらしいですね。

ということは現存する和菓子職人で
この暑さの中、菓子を作った経験のあるものは居ないということになります。

自身の経験もなく
過去の歴史の中にも無い
そんな環境の中で
毎日、思案顔。

けど
「できない」は言わない。



職人は「できない」を言うな。


若き日の工場長が師から学んだ事のひとつです。


2010/9/1
長月


暑さ継続中の大田市です。

暑かった8月がやっと終わったという安堵感が漂う隙もありません。


この8月の平均気温は歴代1位の28.9度となりました。

2位は1994年の28.6度。


ちなみに
8月の平均気温が1番低かった年は
1980年と1993年の23.6度。

2番目は昨年2009年の25.3度。


冷夏の後の猛暑だから
余計にこたえるのかもしれませんね。


新着日記
2010/10/25
気がつけば


日中の気温の上がり方が少し鈍くなってきたように感じる大田市です。

もう10月も終盤です。

今年の秋は短いですね。



2010/10/22
予防接種


ずいぶんと秋めいてきました大田市です。

今日はインフルエンザの予防接種を受けました。

今年のワクチンは季節性型と新型の混合のようですね。

「1回で済んでありがたい」
と注射の苦手な社員。

40度の高熱に比べれば注射の痛さなんてたいしたことではないように思うのですが・・・・。

本人いわく、わかってはいるのだけれど
ちょっとした覚悟が要るのだそうです。


ちなみにこの社員
数年前までは40度を超える高熱を何度か体験していまして
近年ではすっかり懲りて毎年予防接種を受けています。




2010/10/2
10月です。


10月に入りましたがまだ半そででも寒くない大田市です。

今年も残すところあと3か月。

夏の余韻が長すぎて寒くなる年の瀬までずいぶん遠いような気がします。

のんびりしていると追われて走ることになりそうです。

「仕事は前倒しに」

そう心がけたいものですね・・・・。

新着日記
2010/11/9
講習会2


大荒れの天候となりました大田市です。

今日は温泉津地区でお菓子作り講習会をさせていただきました。

こちらでの講習会は毎年この時期に企画していただいていますので
会場も勝手知ったる・・・・といった具合です。

参加の皆様も手慣れた様子で生地をこね、餡を丸めていらっしゃいます。

とはいえ、とにかく事故のないように
絶対に失敗のないように
ということが最大のコンセプトです。

「慣れた気持ちで会場に入らないように。」
しつこいくらいに工場長が繰り返します。

大きな緊張感が些細なミスを産むということもありますが
小さな緩みが大きな事故を誘発するということを
これまでの経験から痛いほど学んでいるからです。

今日も無事に講習会を終え
「来年もまた楽しみにしています。」
というお言葉をいただいて帰ってまいりました。



2010/11/2
講習会


最低気温が10度を割り始めた大田市です。

晴れる日の朝方ははっきり寒さを感じます。

今日は温泉津町井田地区での
「お菓子作り講習会」に
講師として出張させていただきました。

講習会をさせていただくときは
いつも綿密に準備を整えます。
そして少々のイレギュラーにも柔軟に対応できるように万全の体制を作っています。

講習会は講師が主役ではなく
参加される皆さんが主役であると
工場長は考えています。

ですから、いかなる事が起ころうとも参加された皆さんが
不満足な品を作ることの無いように最大限の注意を払っています。

また、皆さんがご自宅で簡単に作ることができるということにも
大きくウエイトを置いています。

試作を繰り返して事前に何度もレシピを書き直します。

参加される皆さんの年齢層や地域柄もレシピを考える要素に加えられます。

そうして練り上げたものを持って講習会に挑むわけです。

できあがった沢山のお菓子を満足感と共にお持ち帰りいただくために。




新着日記
2010/12/31
大晦日


暴風雪の大晦日となりました大田市です。

1年、短いですねぇ・・・。

なかなか暖かくならない冬の次に
短い春が来て
押しつぶされそうに暑い夏が長々続いたかと思うと
駆け足で秋が過ぎ
昨年に引き続いての大荒れの大晦日。

季節の移ろいはゆっくりだったり急ぎ足だったりと
その時々で様々に感じるものですが
1年というくくりで振り返ると短かったように思われます。

不思議といいましょうか
感慨深いといいましょうか・・・・。

そろそろ工場の大掃除も終わるようです。


皆様、よいお年をお迎え下さい。



2010/12/24
クリスマスイブ


雪のちらつく大田市です。

今日は工場の中がイチゴの香りでいっぱいです。
ケーキのスポンジにサンドするイチゴのカットが終わったところでしょうか。


いちごをカットする厚さやナイフの入れ方も工場長は細かく指示を出します。
生クリームの立て加減や甘さ、リキュールの量も工場長が調整します。


お客様の受注表をチェックしながらの作業です。

小さなお子さんがメインのご家庭用にはリキュールは使わず
香りがよく出るようにカットされたイチゴをサンドしていきます。

大人だけの世帯には少し甘みを抑えてリキュールと隠し味のブランデーを。

スポンジの間に塗るクリームとデコレーションのクリームも甘さや香りを変えてあります。


気温8度〜10度の工場の中で黙々と作っていきます。

こんなに熱心に作っている姿からはとても考えられないことなのですが
実は工場長、このケーキを作る仕事がもっとも苦痛なのです。

本当にそんな風には見えないんですけどね。



2010/12/16
冬支度


いきなり真冬のような寒さとなりました大田市です。

こうも急に寒くなると冬の支度が手薄だったことに気づき慌てます。

使い捨てカイロ。

今年はまだ用意していませんでした。

先シーズンの残りを見つけて今日は過ごせそうです。